メインメニュー
センターについて
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
     
投稿者: ゲスト 投稿日時: 2007-3-25 15:06:08 (2207 ヒット)

◎石川県庁HP>被災地へのボランティア活動について(左側最上部)

被災地へのボランティア活動について
本日、9時過ぎに能登地域を中心に震度6強の地震が発生しました。
現在、県では、被災市町へ被害状況、ボランティアによる支援活動が必要であるかどうかについて調査中です。
ボランティアを希望される方々におかれましては、しばらく現地へ向かわれることを見合わせていただき、ホームページ、報道機関の発表を待ってから行動していただきますようよろしくお願いします。

http://www.pref.ishikawa.jp/kenmin/jishin.htm


◎石川県社会福祉協議会からの情報
能登沖地震被害状況について
現在、詳しい被害状況がつかめていません。
能登方面へ向かう有料道路も一部損壊しています。
ボランティアの受け入れ体制も未定です。
なお、情報が入り次第、随時情報をアップしていきます。


投稿者: ゲスト 投稿日時: 2007-3-25 10:36:03 (1937 ヒット)

本日午前9時42分頃発生しました地震に関して現在情報収集を行っております。
現在の所、ボランティアの募集などは行う予定はありません。


投稿者: ゲスト 投稿日時: 2007-1-19 0:39:45 (2041 ヒット)

ここ数ヶ月の間、ホームページが不調でご迷惑をおかけしました。
本日リニューアルを行いましたので、今後ともよろしくお願いします。


投稿者: ゲスト 投稿日時: 2006-5-1 7:20:00 (2285 ヒット)

京都市災害ボランティアセンター開設記念講演会を開催しました!

◆日 時:平成18年4月28日 19:00〜21:00
◆会 場:ひと・まち交流館 京都 第5会議室

◆参加者数:84人 たくさんのご参加ありがとうございました!

◆内 容:
・概要説明「京都市災害ボランティアセンターについて」
講演に先立ち、4月1日より運営を開始している「京都市災害ボランティアセンター」の開設の経緯、目的・機能を事務局よりご説明しました。
当センターは京都市・きょうとNPOセンター・京都市社会福祉協議会の3者が共同で設置し、常設で運営している全国的にも大変めずらしいセンターです。常設であることを生かしながら、多くのNPO・ボランティア団体の力が総合的に発揮され、また多くの市民の力がいきいきと発揮されるセンターとなるよう、平常時から取り組んでいきたいと考えています。

・講演会
「地域共生と災害ボランティア活動―京都市災害ボランティアセンターに期待することー」
講師:渥美公秀さん
大阪大学コミュニケーションデザイン・センター助教授
NPO法人日本災害救援ボランティアネットワーク理事

講演会では、大阪大学助教授であり、NPO法人日本災害救援ボランティアネットワーク理事である渥美公秀先生より、この3者共同、常設のセンターの可能性と期待、そして課題について、阪神淡路大震災以降の災害ボランティア活動の経験や研究、理論を基にご講演いただきました。
はじめに、阪神淡路大震災から、災害ボランティアの11年間における変化と発展を見ながら、今改めて「神戸」を振り返り、「被災者中心」という原点へ立ち戻ること、これまでの災害や被災地から学び取り、地域での「減災」への取り組みをすすめることが重要であるとのお話がありました。
「減災」とは、発災→救急救命→復旧→復興→防災→発災・・・という災害サイクルの各ステージの活動をバージョンアップすることであり、減災への市民一人ひとりによる現実的対応のために、市民やボランティアが「地域で実践」すること、現場に役立つ「研修で学ぶ」機会をつくること、「現場(被災地)から学ぶ」機会をつくることが常設センターの可能性・期待として挙げられました。
「減災」に向けたヒントとなる具体的な事例や研修例を紹介していただく中から、安心・安全の防災を進めるためには、防災を生活に埋め込むことがポイント、そのために、「○○といわない○○」、「あえて防災といわなくとも、助け合い、防災、減災」という仕掛けをどう地域でつくるかがセンターの役割として重要であると強調されました。
一方、講演の中では「常設であるからこそ、ともすればセンター中心で災害ボランティアを捉えてしまいかねない…」など、課題も折々で指摘され、最後に、「被災者中心」が重要であることを改めて強調され、講演を終了しました。

続き... | 残り3952バイト | コメントする

投稿者: ゲスト 投稿日時: 2006-4-3 11:48:00 (1947 ヒット)

平成18年4月1日より,京都市・きょうとNPOセンター・京都市社会福祉協議会の三者が共同して,「京都市災害ボランティアセンター」を開設しました。このセンターは,災害時において被災者支援や被災地の復旧・復興に大きな力となるボランティアの募集・受入れ・コーディネートなど活動の総合調整を行うとともに,平常時からボランティアの受入れ体制を確立するために必要な取組を推進する常設のセンターです。
 そこで,このセンターの開設に当たり災害ボランティア活動の重要性について理解を深めていただく機会となることを願い,記念講演会を開催します。
 多数の皆さんの御参加をお待ちしています。

■日時:平成18年4月28日(金)19:00〜21:00
■場所:ひと・まち交流館 京都 3階 第4・5会議室

■講師:渥美 公秀(あつみ ともひで)さん
 大阪大学コミュニケーションデザイン・センター助教授
 NPO法人日本災害救援ボランティアネットワーク理事

■定員:100名程度
■参加費:無料

■申込み方法
 当日までに,下記の申し込み先へお電話,FAX,メールにて氏名・所属団体(ある場合)・連絡先をお知らせください。
 要約筆記,保育,手話通訳は24日(月)までに申込をお願いします。


投稿者: ゲスト 投稿日時: 2006-4-3 10:46:00 (1905 ヒット)

本日4月3日より、事務局の通常業務を開始しました。


投稿者: ゲスト 投稿日時: 2006-3-30 19:20:00 (1962 ヒット)







続き... | 残り679バイト | コメントする

« 1 ... 6 7 8 (9)
 
     
pagetop